アイテムがお客様のほしい物リストに追加されました

Acne Studios presents

Tasha Tilberg & family

Tasha Tilberg is a Canadian fashion model who moved to New York when she was 15 years old to start her career. A decade later, she met the talent agent Laura Wilson in Los Angeles, and they tied the knot in Mexico the following month. After the birth of their twins, Bowie and Gray, the family left Los Angeles to live on an organic farm in British Columbia on Canada’s West Coast. Here we check in with Tasha and Laura to hear about their experiences of life off-grid, their decision to raise children in nature, and the challenges of setting up a vineyard surrounded by hungry bears.

“I am always fascinated by those people who move away from cities rather than to them. They seem to gain something that I don’t have. That is inspiring. For myself it is about connecting to nature; I find that feeling more and more rewarding.”

— Jonny Johansson, Acne Studios

Where exactly do you live?

Laura Wilson: We’re landlocked in that you have to get here by plane from Vancouver, or by taking two ferries. So it’s either a half-hour flight, or six hours driving and getting on two ferries. Everybody who lives here wants to live here, if you know what I mean. It takes a little while to get to Powell River.

Did you grow up nearby Tasha?

Tasha Tilberg: Not exactly. I was born near Vancouver, an hour outside the city, and then we moved to Victoria Island. I moved every two years as a kid, and when I was six we moved to Toronto. We still moved every two years for some reason, in an around Toronto, and when I was 15, I moved to New York.

How about yourself Laura?

Laura: I’m American. I grew up in Colorado and then California. I’d say I’m a California girl — I’ve spent a lot of time in San Francisco and then Los Angeles, and I met Tasha in Los Angeles, through a mutual friend. We bought a house together in Los Angeles in 2007. We knew we were going to have a family, and Tasha had property up north. We knew that when we had kids — and were talking early on — that we would want to move our kids out of Los Angeles.

Did you not want your kids growing up in a city, or was it that you didn’t want growing up in LA specifically?

Laura: It was more about LA.

Tasha: We were fine initially. When they were babies it was nice, we had a beautiful garden and they were able to enjoy the outdoors all year round.

As LA is more suburban than urban, it’s not so hard to have a house with a garden.

Tasha: For sure, it’s very beautiful, and you can make your house into a beautiful oasis. But we both had a feeling where we wanted to allow them more space.

Laura: I think LA is wonderfully alive and people are very driven — and that’s very exciting — but you also get sucked into this collective energy of ‘go go go’. You’re also in your car a lot, which is not that fun with kids [laughs]. That kind of buzz is good for people when you’re at a certain time in your life, but imagine having small kids... We wanted to instil this sense of keeping it simple and slowing down — LA just didn’t seem right for us.

How did you settle on this house in this specific part of the world?

Tasha: Around 15 years ago, I had a big sheep farm near Toronto. It was 230 acres, but I didn’t connect with the area as much — I felt drawn back west. So I did this big road trip with my mom and we went all up and down the coast, camping and exploring different areas. I came upon this town Powell River on the Sunshine Coast and fell in love with it. We went kayaking, it was just so beautiful, and I was like this is all I want to do — kayak for the rest of my life. I found this amazing property, off-grid, a total shack which needed major work, and I was like ‘I love it!’ So about a year later I bought it — I had to sell my farm, and then got the house and do all this work on the house for about 12 years. When we moved from LA, we moved up to that house. But it was just a bit too remote for us; it was so beautiful, set on a cliff right on the ocean, and we enjoyed a lot of aspects of it, like kayaking off the beach. It was awesome. But driving to town 45 minutes each way with little kids was a lot.

Laura: It was off-grid — that was a new experience!

Tasha: Yeah, I really put you in the bush.

Laura: It’s funny because when Tash and I first got together, she took me up to that house. I said “I love you, but I will never live here.”

What was it that turned you off living there; the composting toilets perhaps?

Laura: That’s it — there was no way. It was a beautiful place to vacation, but the work involved just felt so intense to take on. But of course, we ended up living there.

Tasha: And we loved it.

Laura: Yeah, I actually liked it better than she did.

How long did you live there, off-grid, for?

Laura: For a little over a year. We then decided to sell that house and move a little closer to town, and that’s the property we’re on now. It’s 11 acres, on all the city utilities, but it still has quite a rural feel. We have organic farms on either side of us, but it’s only a 10 minute ride into town.

It looks like the house from Days of Heaven, the Terrence Malick film. Do the kids go to a school in town or are you homeschooling them?

Laura: They would like that — homeschool!

Tasha: Our son would like to be homeschooled. Our daughter Gray likes going to school and all the social interactions. Bowie though would love to be homeschooled — he talks about it every morning. He doesn’t want to get dressed; he wants to have a leisurely morning in his pajamas, playing and doing his things.

I can see on your Instagram account that you’re growing grapes — can you really make wine that far north?

Tasha: It’s only our second year — we harvested some grapes last year for wine; some are table grapes, but the majority is for wine. We haven’t bottled anything yet. We have big glass containers, carboys, of wine, but we really didn’t get that much last year because of issues with the bears and the powdery mildew. This year we hope to be able to make more wine and sell it to people. It’s a learning experience, and we’re still learning.

Hold on — bears? Do they come onto the property often?

Tasha: Oh yeah.

Laura: Everyone wants these grapes: the bees, the wasps, the birds, the deer, the bears. And the bears get the first word, and we haven’t figured out how to manage them yet. At one point Tash and I were walking across the road, and there was a bear lying down, feeding himself grapes like some Roman god.

Do you keep any animals on the farm?

Laura: Yep. We have 12 chickens, we have a rabbit which we rescued, we have four sheep, three dogs...

Tasha: ...And hopefully a cat for Bowie soon. Maybe also a snake, or a lizard.

That sounds like a real farm. Do you guys eat meat, or are you vegetarian?

Tasha: I’ve been a vegetarian since I was nine, but I guess I’m a pescatarian. Gray is also a pescatarian. Bowie likes meat, a lot. I have no problem with raising meat for use, as long as it’s done really well and you know the animal has had a good life. Laura has a few more issues though...

Laura: ...I eat meat, occasionally, but I can’t imagine killing an animal. Even though we watch the cows in the pasture behind us, and we’ve eaten them — we’ve had jerky from them. It’s trippy. When we first got the chickens and I went out and collected the eggs, sitting down to eat them was a little bit weird.

Tasha: It’s a skill, learning to work with animals like that.

How much was the decision to move to a farm guided by the children, or your own sense of wellbeing?

Tasha: I grew up in apartments in cities, so I always had this longing — my mom had a farm years ago, and my family had homesteads before I was born — this desire and interest in surviving off the land and being connected with the rhythms of the Earth. I’ve always gardened; even when my mom had apartments, we would have an allotment garden if we could. I always had this goal of raising my kids in nature and on a farm, and Laura knew that from day one, right?

Laura: Even in LA we had a lot of produce growing in the garden; fruit trees and vegetables.

Tasha: I think it’s super important for kids to know how to plant a seed, and how it becomes food, and to respect it. That whole cycle — I can’t not be a part of it.

Do you see yourselves running away from society, or trying to create a new one?

Laura: I’d say a little of both. Tasha and I have done a lot of travelling, we’ve been immersed in a pretty fast-paced world, her with modelling and me with the music business, so we’ve experienced a lot of that. Running away from that mentality and that pace; yeah, there’s a bit of that. Tasha is a bit of an introvert, so it works well — there’s not a lot of people who just wander onto the farm, or wander into Powell River. It’s not that easy. On the flipside, we’re sharing this mentality of creating something here in Powell River with others in our home and our community. That is really special. There are a lot of likeminded people there, a lot of people who grew up in Powell River, went off, got creative, then came back, had kids — because they see the value of it. And other people are moving here to do the same, to sustain themselves with food, have clean air and clean water. So it’s a little bit of both.

It’s a very conscious choice to say no to the mainstream way of life and the rat race. Did anyone feel threatened by your decision to move away?

Laura: I wouldn’t say threatened. People were bummed out that we were leaving, especially as we have these beautiful kids that they wanted to get to know. But a lot of people — especially in light of what’s happening in the world and the unmentionable leader of the United States — are actually pretty envious of what we have. I have to add though, that every time Tasha goes to Paris, she’s like “We need to move here!”

Tasha: That’s true. I love Paris.

Laura: New York as well. We’ve spent a chunk of time in New York recently, and when you see how resilient the kids are there you’re like “Ah, it would be amazing to live here.” We’re not doing it, but you know.

Tasha: That’s the difficulty; it wouldn’t be sustainable for me to be there for any length of time, in the city, but the cultural things that you gain are so incredible. That said, there’s nothing like sending the kids outside barefoot and they whip their clothes off and they’re running around completely free — I’m not worried at all. They’re just going to play and figure it out.

Laura: I think we made the right decision. You see how the kids are taking the world in. Our kids are now at the age where they’re going to want to be a bit more social, and if we travel to cities with them they’ll get a lot out of it. We’ve gone to cities and we have to remind them that they can’t run off two blocks ahead — there won’t be a bear there, but there might be something else [laughs].

Can you talk me through an average day on the farm? What time do you wake up?

Laura: It’s funny because when Tasha and I are home with the kids, our routines are quite different as we’re quite different from one another. She’s much more on-schedule, and I’m more like, let’s sleep in, we stayed up quite late last night.

What are the early morning chores?

Laura: You have to pack the kids’ lunches, get them dressed, get them fed, get them ready for school. Then you’ve got the dogs to feed, the chickens to let out and give a bit of feed and water to. Then you’ve got the sheep — if it’s nice weather you can let them out, but if the weather’s shitty you don’t want them out in the cold traipsing around in the muck, so you feed them a bit of hay. You’ve got to let the bunny out and feed him. And then there’s the ongoing: weed-whacking, spraying the grapes, things like that.

What else?

Tasha: That’s it presently, but as Laura said, it’s ongoing. In winter all the grapes are dormant, so that’s when you prune the vines. The grass is exploding now it’s spring, so we’ve got a bit of maintenance to do.

Laura: Talking about winter — Tasha is the wood chopper, she’s chopping up all the wood into kindling so we can build a fire. It’s quite chilly in the winter.

Tasha: But not too chilly! It doesn’t go below minus 10. It usually hovers around zero, but still that’s cold enough. Where we are is in the rain shadow of Vancouver Island, so we actually have a lot less rain than Vancouver itself. We still have quite a bit of rain, because it’s a temperate rainforest here, but also a lot of sun — it’s the Sunshine Coast.

How did you learn how to do all these chores on the farm?

Tasha: I’d had a farm before; I’d had about 20 ewes, and chickens, cows, goats, horses — even donkeys at one time. So I was quite used to it. Laura had to learn the routine, and she’s doing really well and enjoying it more; mucking out and feeding the animals, the routine of waking up and letting the animals out.

Which of these chores do you least look forward to Laura?

Laura: Hmm. The only time I don’t enjoy it is when it’s dark and rainy. In the winter when you’re trying to do the evening chores, and you’re trying to cook dinner for the kids, and it’s wet and you’re cold and you’re walking through the muck.... But it passes, so it’s fine. I’ve developed a good rhythm and I pretty much enjoy it.

Why do you believe it’s so important for kids to experience this kind of life in nature? Do you relate it to the bigger picture of the environmental crisis — that what we do not know we do not love, and what we do not love we do not save?

Laura: You nailed it. The fact that our kids know where meat comes from. That you have to kill a chicken if you want to eat chicken. That they understand...

Tasha: ...Chickens have personalities and they are beings. It’s quite a profound thing to know that a chicken is giving their life for your nutrition. They’re not mindless beings which you take at will — you have to have an energy exchange and that gratitude and appreciation.

Laura: And then the kids start to ask questions — it creates a dialogue which feeds into other things. They know about factory farms and the condition of animals there, and not because we’re trying to drill them with something. They’re actually asking us, “Why don’t you eat meat when we go to this restaurant?’ ‘Why won’t you buy that?” Also, where we live has a large population of First Nations people, so the kids learn about how they’ve sustained themselves. We have books on the stories and myths they have passed down, so the kids are learning and integrating that into their philosophies.

Is there a particular tribe that lives in your area?

Laura: Yes, the Tla’amin, who have an amazing history along the coast with the resources that are there, or have been there. It’s quite interesting to learn about how they have been living off the land and the sea. The Tla’amin are self-governing now, so there’s been a lot more reconciliation and interest in learning from them and honouring the practices that have sustained them. I wasn’t aware of the atrocities that were committed in Canada — as an American, I had no idea. It’s good that the kids have the opportunity to understand, as this happens everywhere. They’re asking us what happened to them, what happened to everybody? You have to be careful with what you say sometimes.

Are there any stories of the Tla’amin which particularly resonate with the kids?

Laura: I took a hike with the kids recently, and we were walking along and one of the women here pointed out a tree — a cedar tree. And Bowie told everyone of how the First Nations would collect the bark from the tree to make hats from and so on. There was another tree which you could see bear scratches on, so Bowie asked, “Do you think the First Nations watched the bear scratch the tree, and that’s how the figured out you can use the bark?’ I thought that was great; the kids are learning how to live in harmony with animals. That’s what you learn from nature — how to use it sustainably.

Tasha, from what I understand, you’ve twice quit modelling to go live on a farm in the countryside?

Tasha: At least twice! I’ve taken many breaks to reestablish my connection with myself and my environment, or my life in general. I’ve felt I’ve always had to work and then take a step back to be able to then work again. To recharge.

As fashion and the modelling industry can be...

Tasha: ...Intense. It can be. I’d bought my farm near Toronto when I was 16, and I first took a break when I was 17, 18 after I’d been working so, so much, and I didn’t have anything to ground myself with. I really needed to take some time to go back there, to be able to appreciate myself and the skills I could do physically and mentally that were not related to what I looked like. So since then, I’ve learnt to take steps back and take the time to recharge, and now I feel I have a really good balance. I’m working quite a lot right now, and it’s so nice I can come back to the farm and make things and have my routine to fall back on. I can feel the rhythm of that.

How about yourself Laura, can you tell us more about your work?

Laura: I was in the music business for almost a decade. The last time we left to move to Canada, I was working in a recording studio as a sting producer — it was a lot, 24 hours a day. With having kids, you really want to get into their rhythm, so we were lucky with being able to take some time off when we moved. But I also really love to work. It has been a bit challenging in our area, but I have found work for a non-profit — a great non-profit organisation in our town that arranges all of the social enterprises in our community. I helped launch a coffee shop in our local library, a social enterprise. I started off by volunteering, just showing up for these community things, which is how you network and meet people. I’m still trying to find a rhythm, but it feels good to be associated with things that are benefiting the community. You can actually see, or feel, the change because it’s a small town.

What are your plans for the year ahead, and in the longer term?

Tasha: We’re trying to develop a sustainable farm, and we’re taking it day-by-day, or month-by-month because we are still at the initial stages. There are a lot of ideas. We may make small batches of wine, turn the farm into a market garden, set up a small-onsite store selling local artisan’s wares and the things we produce here. We’re still trying to figure it out exactly, as a business, as a lifestyle — as a thing we can have fun with and enjoy and not get overwhelmed by. We’re not trying to make a big amount of money with it or anything like that. The idea is to have a nice environment for the kids, and to have some kind of family legacy for the kids that we can develop.

Do you see yourselves growing old in the house?

Tasha: It’s really hard as a nomad. I just arrived from New York last night on Philippines Airlines, and I’m like, the Philippines — that looks like a fun place to go! I think I’m ready for a little bit of sun, as I’ve been working a lot recently, and I work hard when I’m here on the farm. I work until sundown, it’s really physical, which I love, but I recognise I need another kind of recharge time also.

Laura: It’s in Tasha’s DNA that every two years she gets itchy feet and wants to move.

Tasha: It’s that Viking blood — “where can I go and find a new spot?”.

Is Tilberg a Swedish name?

Tasha: Yes, it means ‘of the mountain.’ My heritage is Swedish and Finnish and Russian and Irish.

So you’re made for this landscape of pines, lakes and long winters.

Tasha: Yeah! A lot of this land was homesteaded by Finns and Swedes as well. Our old house was near the town of Lund [a famous Swedish university city]. We also had Finn Bay. There’s a big tie here between those people who came and homesteaded here. I really connect with that part of my heritage. I like it.

It looks like we’re nearing the end of our time together, is there anything you would like to add?

Laura: The only thing I would like to say is that having kids, marriage; people might get a certain image of how it is — Tasha’s a model, so we’re doing okay financially — but we have the same struggles as anybody has. Marriage is a lot of work. Kids are a lot of work. You start to wonder what your identity is now when you have kids, as it’s all going to them. I’m really grateful that we’re all healthy, that we’re able to travel, that we’re able to do and have all the things we have. The one thing with kids is how do you keep them grateful? We live in this era where kids are sort of entitled and pampered — it’s not easy.





Interview Xerxes Cook

Creative direction and casting M/M (Paris)

After an original idea by Jonny Johansson

Photographs Craig McDean

Styling Vanessa Reid

This publication
© 2018 Acne Studios

Published by Acne Studios
Floragatan 13
114 31 Stockholm

acnestudios.com

Acne Studiosがご紹介

「Kordale&Kaleb」ファミリー

私は長い間、家族のコンセプトを考えてきました。私はこのコンセプトがとても気に入っています。なぜなら、Acne Studiosは共同体としてスタートし、当時私たちはお互いを家族だと考えていたからです。現代的な家族です。

このような経緯の中で、私たちはアトランタを拠点とするカップルであるKordale LewisとKaleb Anthony、そしてDesmiray、Maliyah、Kordale Junior、Kaleb Juniorという彼らの美しい子供たちに出会いました。そこで私たちは、InezとVinoodhに依頼して、休暇中の同ファミリーが滞在しているニューヨークのホテルで彼らを撮影してもらいました。

私は家族で着るお揃いの服に夢中なので、この現象を表現したかったのです。私はお揃いの服を着た家族の写真が大好きです。そしてこのフェイスモチーフをフィーチャーした新コレクションには、定番アイテムのような雰囲気もあります。

また、このコレクションでは、家族の各メンバーは異なる人格ではあるけれども、私たち誰もが同じ愛を抱き、子どもたちに最高のことを願っているという点を明らかに表現しています。「普通の」家族なんて、存在しないのです。すべての家族が普通なのですから。

フェイスモチーフが、このコンセプトにどう当てはまるのかって? そうですね、フェイスモチーフは、ごく普通のスウェーデン市民なんです。特段幸福なわけでも、不幸なわけでもありません。その中間なんです。スウェーデン語で言うところの「Lagom」です。私みたいな人ですよ。

Jonny Johansson(ジョニー・ヨハンソン)
Acne Studios

「『普通の』家族なんて、存在しないのです。
すべての家族が普通なのですから」

Kaleb Juniorは生後8ヵ月。以下のページでは、彼の2人の父親であるKaleb AnthonyとKordale Lewisが、自分たちの暮らしについて作家のXerxes Cookに語っています。Xerxesはアメリカ出身、ロンドン在住で、一児の父です。

「我々はソーシャルメディアの新時代のおかげで結ばれたんです。出会いはFacebookなんですよ。」

Kordale、そしてKaleb、おはようございます。朝早くからお電話してすみません。もうインタビューを始めてよろしければ、お二人の家庭環境や故郷について少しお話しいただけますか?

Kaleb Anthony:私は生まれも育ちもジョージア州アトランタです。私とKordaleの人生は、まったく異なります。我々の家庭環境は真逆で、共通点がないんです。私の両親は結婚30年を迎え、私は犬のいるアメリカの典型的なマイホームで育ち、両親は今でも仲良く暮らしています。両親は共に教育水準が高く、私も親に植え付けられた同様の教育モデルを手本に育ちました。Kordaleは私とは違う経験をしています。私の父は保険業界で30年間働き、母は営業部門で30年間働きました。現在、両親はそれぞれ起業家として事業を経営しています。たぶん私も両親と同じ道を歩み、この価値観を私たち一家に取り入れたいのだと思います。

Kordale、あなたは著書『Picture Perfect』の中で、ご自身の成長期に直面した苦難について書いていますね。その幼少期の経験について、少しお話しいただけますか?

Kordale Lewis:私はシカゴ出身です。私には3人の実子がいます。我が家の上3人の子どもたちは、私の実子です。私は一度しか父の顔を見た覚えがないんです。父は2人を殺害した罪で、私が2歳の頃から服役しているからです。母は私が5歳の頃からドラッグを常用し、現在も同じ状況です。成長期の暮らしは大変でしたよ。里親の家を転々としたりね。私は15歳の時に、子どもたちの母親に出会ったんです。彼女は私が16歳の時に妊娠しました。私は高校を卒業して大学に2年間通いましたが、中退しました。そしてアトランタに移り、それから約2年後にKalebと出会い、以来私たちは6年以上一緒に暮らしています。私はKalebの家業のために仕事をしたことがあるんです。Comcastやレストランで働きましたが、特にキャリアを重視した仕事ではありませんでした。私は人の下で働くのではなく、自分で事業をするべきなんだと思います。おおむね、私は父親としての自分を楽しんでいますよ。私は家庭的な人間で、これが私の人生です。私は他の人生を知らないんですよ。十代の頃から、そして二十代も、今のように生きてきて、もうすぐ訪れる三十代でもそれは変わらないんです。

お子さんたちは今どちらにいますか?

Kaleb:夏の間は、子どもたちを祖父母宅に送り届けるようにしています。学校が終わったら、「子どもたちの世話をしたい人はいますか?!」って宣伝するんですよ。

Kordale、あなたがアトランタに移住した理由は?

Kordale:住んでいたアイオワ州のドゥビュークで、違法行為で問題を起こしたんですよ、パーティー三昧で、ドラッグもやって。私の伯父や叔母の交際相手は他の人種の人ばかりなので、私は白人やネイティブアメリカンの従兄弟たちと一緒に育ち、ドゥビュークに移り住むまで人種差別を経験したことがなかったんです。ドゥビュークは私が経験した中で最も人種差別が激しい場所で、警官による嫌がらせや教師による暴言などもありました。何も悪いことをしていなくても、自分が黒人というだけでトラブルに巻き込まれることもありましたよ。私は、あのような小さな町では、一人の人間として成長できないとわかっていました。町を出て、自分自身を見つける必要がありました。監視から逃れ、自分自身のための時間を見つけたかったのです。私は子どもの頃からずっとアトランタに移り住みたいと思っていました。それで、アトランタの2つの大学に合格したんです。

お二人の出会いの場は大学ですか?

Kaleb:違うんですよ。ソーシャルメディアの新時代のおかげで結ばれたんです。出会いはFacebookなんですよ。

「Maliyahは、ちょっとビッグマウスで、自分が誰よりも賢いと思っているんですよ」

当時、あなたは何歳でしたか?

Kaleb:22です。

Kordale:すでに3人の子どもがいました。

3人のお子さんたちが生まれた経緯やご自身の家庭環境について話すことに抵抗はありませんか?

Kordale:私はずっと、自分がゲイだとわかっていました。昔から男性に惹かれるんです。でも中西部で育ち、ゲイだと知られたくなかったので、極めて男っぽい男友達と行動を共にして、自分がゲイであることを隠そうとしていました。自分の本心ではないけれど、女性と性的な関係を持ちました。十代だった私は避妊をしませんでした。DNAテストをするまで、上の2人の子どもが自分の実子だとは知らなかったんですがね。それで、彼女が3人目の子どもであるKordale Juniorを身ごもっているときに、彼女に(自分はゲイだと)伝えたのです。彼女の反応は、「やっぱりゲイなのね!」でしたよ。彼女は疑っていたんです。息子が生まれて2ヶ月後に私たちは別れました。彼女は別の人と交際を始め、私はアトランタに転居しました。

お子さんたちのお母さんの名前は?

Kordale:ニックネームはPoodyで、本名はDestinyです。

では、あなたがアトランタに転居した当初は、3人のお子さんとは離れて暮らしていたんですか?

Kordale:始めは上手くいっていたのですが、彼女の当時の交際相手は、同性愛者を嫌悪していました。無礼や中傷が多々ありましたよ。それに、女性に強い影響を与えるタイプの男性もいますからね。彼女がこの男性の影響を受けて、子どもたちに会えない時期があったんです。でも、後に彼女がこの男性の子どもを妊娠し、子どもたちを3人とも引き取ってほしいと頼まれました。2013年のことです。彼女はフルタイムで働き、就学前の子供たちは監督者がいないので素行が悪く、その後彼女のボーイフレンドはドラッグ販売などの犯罪で問題を起こしました。彼女はシングルマザーへの住宅支援を行う政府プログラムから離脱し、家を失いました。私は親権がないと子どもたちを引き取れないと分かっていたので、裁判所に申し立てを行い、2014年に親権を獲得しました。

そして、それはあなたの人生で最良の出来事だったと?

Kordale:(笑いながら)私は当時から今に至るまで、いつだって父親ですよ。自分の子どもに会いたくないような父親だったことは一度もありません。ですが、親権は私たちの役に立ちました。

Kaleb:私たちが親として、そしてカップルとして結束するために役立ったのです。

お二人とも、とてもお若いのに4人のお子さんたちの世話をしていますね。夜に出かけたり、好きな時に好きな所を旅するなど、若い頃に何かをやり残したと思うことはありますか?

Kaleb:正直なところ、私は自分たちがしてきたことに満足しています。Kordaleが非常に若かったことで、最良の結果になったんです。このように考えればいいんですよ、私たちが35歳になる頃には、子供たちは自分のことは自分でできるようになるんです。彼らはその頃には、物事を自分で行ったり、自分探しをしたくなったりする年頃になるんです。Kaleb Juniorはまだ幼いでしょうが、他の子供たちが世話を手伝えるでしょうし、私たちはまだ人生の「現役」として、Kordaleが若い頃にできなかったことを実現できるでしょう。

「私たちが35歳になる頃には、子供たちは自分のことは自分でできるようになるんです」

「Kordale Juniorは社交的になってきました。以前は神経質で動揺しがちな子でしたが、今では変なユーモアのセンスが開花してきています。誰に似たんでしょうね」

「私たちを知る人は、私たちが常に子どもたちを第一に考えながらも、楽しむ気持ちを失っていない点をほめてくれます」

お二人の今後の計画は?

Kaleb:40歳になること、そして1人だけの子どもと一緒に世界旅行ができるようになることを楽しみにしています。40歳になれば、大半の人は豊富なキャリア経験を積んで、金銭的にも少し余裕ができます。12年後、私たちが計画通りに物事を続けていれば―保険会社を起業するための資金を貯めているところなんですが―子どもたちの教育費や7月にイタリアを旅するための旅費などを払えるだけの経済力がついていると思います。その頃にはKaleb Juniorは10~11歳になりますし、いつでも祖母の家で過ごすことができます。

これほど若い時点で3人の子どもを持ったメリットのひとつは、子どもたちの世話をしたり一緒に遊んだりするエネルギーがある、ということでしょうか?

Kaleb:そうですね―色々なアクティビティができますよ!

しかし、犠牲にしたことも多々あるのではないでしょうか、例えばソーシャルライフを楽しんだり、ディナーに出かけることさえできなかったのでは?

Kaleb:私たちは本当に恵まれているんです。私たちのやり方は、日曜日から金曜日までは、子どもたち中心の暮らしで、何でも子どもたちと一緒に行い、夜に映画を観たり、ゲームをしたり、一緒に料理をしたりするんです。でも、週末になると、村全体で子どもたちの世話をするんです。同世代の子持ちの友人がたくさんいるので、交互に子どもたちの世話をするんですよ。私たちを知る人の多くは、私たちが常に子どもたちを第一に考えながらも、楽しむ気持ちを失っていない点をほめてくれます。人生のすべての点において、私たちは子どもを最優先しています。

いい人生ですね。では、お子さんたちの性格を教えていただけますか?誰が活発で、またはジョークが好きで、誰が比較的内省的なんですか?

Kordale:Maliyahは、ちょっとビッグマウスで、自分が誰よりも賢いと思っているんですよ。Desmirayは歌姫。10歳ですが35歳の表現力があります。Kordale Juniorは社交的になってきました。以前は神経質で動揺しがちな子でしたが、今ではユーモアのセンスが開花してきています。3週間前に祖父が他界したのですが、私にとっては大きな出来事でした。子どもたちを座らせて祖父の訃報を告げると、Kordale Juniorは「ああ、だからこれはbreaking news*だ」って言ったんです。(*breaking newsは「最新ニュース」という意味だが、breakingには「破壊的な」という意味もある) 彼にはこのように変なユーモアのセンスがあるんですよ。誰に似たんでしょうね。

今回のAcne Studiosの撮影に向けたニューヨーク旅行では、子どもたちの様子はいかがでしたか?

Kaleb:私はSnapchatが大好きなので、あらゆる瞬間のスナップを撮っています。朝起きた瞬間から、空港で、離陸の時も、撮影場所への送迎トラックが来た時も、セントラルパークで乗馬をしている時も、すべてスナップを撮りました。

お子さんたちにとっては初のニューヨークでしたか? お子さんたちは何を見たがっていましたか?

Kaleb:はい。タイムズスクエアを見たがっていました。誰だってタイムズスクエアを見たいですからね。街を歩いて、公園に行き、おもちゃを買いたいと言っていました。子どもたちをLEGOLANDに連れて行きました。本当は彼らに巨大トイストアのFAO Schwarzを見せたかったのですが、もうなくなってしまったんですね、知らなかったな。映画『ホーム・アローン』が撮影された場所にも連れて行きました。アイスクリームも食べました。子どもたちは気に入っていましたよ。楽しかったです。

「Desmirayは歌姫。10歳ですが35歳の表現力があります」

では、アトランタでの暮らしはいかがですか? 郊外に大きな家をお持ちのようですが?

Kordale:そうですね、かなり大きな家です。私は家の掃除が嫌いで、もう飽きましたよ。以前はとても楽しんでいましたが、今はマンションを買う方がいいと思いますね。私はアトランタが大好きです。シカゴ出身なので、大都市が好きなんです。生活コストも安いし、人々もとても親切で、南部ならではのおもてなし精神があります。私にとって、そして黒人全般にとってアトランタは、自分の基盤を築くための場所です。しかし、さらに前に進むためには、アトランタから出る必要があります。私の思い通りにできるなら、ニューヨークかロサンゼルスに住むでしょう。私はアトランタに住んで8年になるので、次のステップのために変化があってもいいと思います。

アトランタでは、同性愛者に対する嫌悪を感じたことはありますか?

Kordale:一度もありません。

Kaleb:陰で言われることがあるかもしれませんが、面と向かって言われることはありません。私たちは課外活動に参加していて、近々面白そうな新しい公園にも行くのですが、あるときコーチが「あの男の子には父親が2人いる」って言ったんです。ですが、私たちはそのチームに属してもう3年になりますが、嫌な経験をしたことはありません。皆で座って、一緒に飲むんです。今までにそれほど嫌なことはありませんよ、学校でも同様です。私たちは派手な人間ではありませんしね。二人ともかなり男っぽいんですよ。

子持ちの男友達同士が一緒に過ごしているだけだと他人に思われることはありますか?

Kaleb:あるかもしれませんね。時々あります。

学校の他のお子さんたちは、二人の父親を持つMaliyah、Desmiray、Kordale Juniorに対してどのような反応を示していますか?

Kaleb:私よりもKordaleの方が、よく子どもたちを迎えに行っていた時期があり、ある日私が迎えに行くと、ある子どもが言ったんですよ、「ちょっと待ってよ、別の男の人がキミのパパだと思っていたけど、キミにはパパが二人いるの? それってすごくカッコいいね!」

二人の父親や二人の母親を持つ友達に違和感を感じない子どもたちの世代があると知って、未来に対する希望が感じられますか?

Kaleb:はい。以前ほどタブー視されていません。今ではかなり一般的になっています。

他の家のお子さんには父親と母親がいて、自分たちには父親と父親がいることについて、お子さんたちにはどのように説明しているのですか?

Kaleb:私たちは、まさにそのように説明したと思います。ある子どもにはパパとママが、ある子どもにはパパとパパが、ある子どもにはママとママが、ある子どもには一人のパパだけが、ある子どもには一人のママだけがいると説明しました。誰もが異なる家で育ち、自分は隣にいる人とは違う人間になるということを知る必要があると説明しました。ですから、この家では子どもたちには二人のパパがいますが、彼らがママの家に行けば、一人のママがいるわけです。

2014年のあのInstagramの写真についてお話しいただけますか?朝、鏡の前でお嬢さんの髪を結んでいた写真です。あの写真のおかげでお二人は一躍有名になりましたね。私は感動したんですよ…私には2歳半の娘がいて、私は現代的な男だと自負しているんですが、娘の髪を結うことに関しては、まったくお手上げなんですよ…

Kordale:当時は我々二人で娘たちの髪を結んでいましたが、もう娘たちは大きくなったので自分で髪を結んでいますよ。私が最後に娘の髪を結んだのはいつだったか思い出せませんね。今はKalebが手伝っていますよ。

Kaleb:娘たちが上手くポニーテールを作れないときは、「ねえ、パパたち、こっちに来て手伝って」って言うんです。奥さんやガールフレンドがいなくて、あなたと娘さんしかいなければ、あなたもきっとやり方を覚えますよ!だって、自分の子どもの身だしなみが悪いのは嫌ですよ、少なくともまずまずの身だしなみに整えてあげたいものですよ。それに、私も始めた頃はひどかったんです…おさげにするときは、娘たちによくからかわれましたよ。髪がピンと跳ね上がっちゃうんです。それで、女友達がこう言ってくれたんです、「お嬢さんたちを連れてらっしゃいよ、私が三つ編みをしてあげるから」ってね。何とかなりますよ。私はYouTubeの動画も観始めたんです。今では娘の髪をビーズで飾ったり、色々できるようになりました。時にはストレートアイロンを使うこともありますよ。娘たちはストレートヘアが好きなんです。

「ちょっと待ってよ、別の男の人がキミのパパだと思っていたけど、キミにはパパが二人いるの? それってすごくカッコいいね!」

左から右の順に:Kaleb Anthony(29歳)、Desmiray(10歳)、Kordale Junior(8歳)、Maliyah(9歳)、Kordale Lewis(28歳)、Kaleb Junior(8ヵ月)。ニューヨークのセントラルパークを望むホテル、ザ シェリー ネザーランドのペアレンタルスイートで楽しむ一家。

例の投稿では、反発や多数の否定的なコメントを受けましたね。あの画像が広まって、世界中の人々から自分たちのプライベートを詮索されたことについて、どのように感じましたか?

Kordale:我々にとって、そのような人たちはあまり重要ではないんです。一週間もしたら、気にならなくなりました。 人々のいかなる言動も、この子たちが我々の子どもだという事実を変えることはできないんです。

では、肩についたホコリをはらって、前に進むだけだと?

Kordale:そんな感じですね。子どもがいると、自分に好意的な人は誰か、自分のことを話題にしている人は誰かなんて、考えている暇がないんです。ストレスが増えるだけですし、私はストレスの存在を信じないんです。確かにあの写真は不必要な注目を浴びました。私たちは常々、子どもたちのありのままの写真を投稿しているのですが、なぜか人々はこのような論争を生み出しても良いと思ったのです。私たちに機会があれば、また同じことをするでしょう。

Kaleb:親なら、自分の子どもの写真を投稿しますよ。子どもが写っている写真しかないんですから!親にありがちなことですよ。

お二人に対する他人の誤解について取り上げていますが、同性の両親と言う立場のお二人が最もよく受ける質問はどのようなものですか?

Kordale:どちらが女役でどちらが男役?

Kaleb:どちらが上になる?

Kordale:どうやって子どもが生まれたの?

Kaleb:二人は養子をもらったの? 実のところ、子どもたちの母親は同じ人なんです。

Kordale:変な感じなんですよ、というのも、男女を問わず、色々な人からオンライン経由で連絡が来て、養子縁組についてのアドバイスを求められるんです。それで、我々が繰り返し伝えていることですが、私はかつての異性との交際でこの子たちを授かったと説明しているんです。それはそれとして、実は私は2年後に養子を迎える計画を立てています。私は何年も里親の下で暮らしていたので、かつての私のような子供たちは最も権利を奪われた暮らしをしていると知っているからです。このような子どもたちは誰にも理解してもらえませんが、私なら彼らを理解できます。

それは大変立派ですね。ですが、年長のお子さん3人が大きくなったら世界を旅して自由になるという考えの障害になるかもしれませんね。

Kaleb:ああ、そうですね。

私は最近素晴らしいカップルに出会ったのですが、彼らは3人のお子さんを、誕生日とはプレゼントをもらう日ではなく贈る日なのだと教えて育てました。私が彼らに出会った日は、一番上のお子さんの8歳の誕生日だったのですが、そのお嬢さんはその一日を、孤児院でプレゼントを配って過ごしていました。

Kaleb:それは素晴らしい考えですね。我々も子どもたちを同じように育てようとしています。例えば、私は来週29歳になるのですが、子どもたちは家事をしてお金を稼ぎました。我々が子どもたちに明確に伝えたいのは、我々のような、いつも物を与えてくれる人がいるなら、彼らはこのお金を自分のために使うべきではないということです。そこで、私は子どもたちに誕生日のウィッシュリストを渡しました。例えば8ドルのシャツや2ドルの帽子などです。私たちは、子どもたちが自分のことだけを考える思考から抜け出して、他の人々のために行動するよう働きかけています。孤児院に出かけてプレゼントを贈るというのは素晴らしい考えで、私も実行したいと思います。自分のベッドやテレビがない子どもや、新しい服を着ていない子どもがいることを、子どもたちに示すためです。孤児院の子どもたちは、何をもらっても喜びます。それがAIR JORDANのスニーカーならなおさらですよ、たとえ誰かのお古でもね。

すでに何度も聞かれたかもしれない質問をしてもいいですか? 娘さんたちにとって、女性のロールモデルがいることは重要だと思いますか? つまり、娘さんたちがその人から学び、あなた方には話せないことを打ち明けられるような女性の存在ですが。

Kordale:子どもたちの母親のDestinyが3年前にアトランタに転居してきて、彼女は子どもたちの生活の一部になっています。彼女は主に週末に子どもたちと会っています。私は片親家庭で育ち、LGBTQのコミュニティで養子縁組が行われた場合、その養子には(実の両親を知る)選択肢が無い場合が多いと知っています。私は、どの子も、実の母親・父親と関係を持つことが重要だと思います。私は自分の父を知らなかったので、他の子どもたちがうらやましかったからです。子どもたちは心からそれを求めているんですよ。

ではもう一つ、たぶんよく聞かれる個人的な質問をしてもよろしいですか? 先程すべてのお子さんのお母さんは同一人物だとおっしゃいましたが、Kaleb Juniorのお母さんもそうなんですか? どうやって妊娠したんですか?

Kaleb:構いませんよ、私たちはオープンに話していますから。私たちは体外受精を検討し、その費用は約3万ドルでした。母親にも報酬を支払うので、それでは高額過ぎました。そこでAI(人工授精)という別のプロセスを試しましたが、その費用は1回につき3千ドルで、必ず成功するとは限りません。私たちは1回試し、不成功でした。ある時、友達がStorkという器具について教えてくれました。上部にカップがついたアームのような器具を想像してみてください。カップに精子を入れるとそれが閉じ、それを女性が膣に入れると、精子が解放される仕組みです。それで、我々は子どもを授かるために10ヵ月かけて、Storkに加えて自然な方法も試しました。一度の流産を経て、1月にKaleb Juniorができて、2016年10月12日に誕生しました。

最後に立ち入った質問ですが、Kaleb Juniorの実の父親は誰ですか?

Kaleb:私です。それが重要でした。あの二人から赤ちゃんが生まれるなんてあり得ませんでしたよ!(笑い)

もう一人子どもを持つことについて、私がわからないのは、今いる子どもと同じようにその子を愛せるようになるのかということです。

Kaleb:それは母熊が子どもを守ろうとするのと同じことです。本能なんですよ。

Kordale:子どもたちを平等に愛せるんです。彼らは二人の異なる小さな人間で、性格も異なります。そして彼らが6歳と3歳になると、あなたの家にはあなたが平等に愛する二人の異なる小さな人間がいることに気づきます。彼らを別々に扱う必要があると気づきますが、彼らを同じように愛せるんですよ。

心が成長するということですね…今回私がしたような個人的な質問をされると気分を害されますか、それとも人々を教育するために、そのような好奇心を歓迎しますか?

Kaleb:私は構いませんよ、教育が重要だと思うので。教えてもらわなければ、人は無知なんです。人は他人の気分を害する無知な発言をしがちなので、私たちは、自分たちがノーマルであると他人を教育する義務があると感じるときがあります。

Kordale:私はそうは思いませんね。一度も思ったことがないな。結局、我々は皆人間で、私の家族も私も、私があなたやあなたの家族に払う敬意と同様の敬意を受ける資格があります。ゲイだろうと、トランスジェンダーだろうと、関係ないんですよ…

Kaleb:結局、我々は同じことを言っているんだよ。

Kordale:ちがうよ、キミは人々に対する義務があるって言っているんだ。今の時代、我々をどう扱うべきか、いちいち人々に言う必要は無いはずだよ。そういうのには、飽き飽きしたよ。私は、自分がゲイで人の親だなんてわざわざ言うことはしないよ、私はただの親なんです。皆さんがお子さんを愛するように、私も自分の子どもたちを愛している。皆さんと同様に、私も自分の子どもたちにはできるだけのことをしたい。私がベッドで何をするかなんて、皆さんには関係の無いこと。

Kaleb:私は、我々は他の人と何も変わらないと皆を教育することに関して話していたんだ。同性愛者の二人でも異性愛者の子どもを育てることができ、皆さんと同じように、私たちも自分の子どもたちにはいい人生を歩んでほしいと願っている。

「我々は、まず第一に、父親なんです」

Kordale:私にとっては、それは時間の無駄だと思います。今は2017年で、当然人々は、子どもを持つ同性愛者の存在を知ることができるだろうし、同性愛者のカップルが異性愛者のカップルと同じことを実現しようとしていることもわかると思う。いずれにしても、ストレートな親たちが、同性愛者の子どもを生み出しているんですよ。私はもう戦う必要がないんです。話題になるような法律があれば、私の発言力ももっと大きくなり、ファンの方々に投票やタウンホール・ミーティングへの出席を促すこともできると思う。大体、異性愛者の人に、自分が同性愛者で子持ちだと説明しようとしても、彼らはすでに私たちについての先入観を持っている。十中八九、話をしたって人々の考え方を変えることはできないよ。行動で示す必要がある。私は誰かに自分の意見を押し付けようとはしない。

なるほど。他にも言いたいことはありますか?

Kordale:Kordale LewisはKathy Griffinが大好きだと、皆さんに知ってほしいです。

Kaleb:彼女がしたこと(トランプ大統領の切断された偽の首を持った写真を投稿して批判を浴びた)は間違っていましたが、オバマ政権時代には、数百万の人々が、人種差別的な批判や、彼をモンキーだと中傷するインターネット・ミームを投稿しました…だからこそ、人々を教育することが重要なのです。我々の子どもたちは、様々なジェネレーションから生まれます。白人女性と黒人男性に育てられ、中国人用の食料品店などを経営するかもしれません。一家に様々なバックグラウンドが存在すれば、人々は、性的嗜好や肌の色をコントロールできないことがわかります。人々を、ありのままに愛して受け入れる必要があるのです。

ジャーナリストと話す際に、何か心配していることはありますか? 本インタビューの編集にあたり、私が注意すべき点はありますか?

Kordale:我々は非常に率直でオープンな人間だと思っています。このSkype動画で我々が話したことを確実に表現している限り、自由に書いていただいて構いません。

Kaleb:前向きに、我々が何よりも子どもたちを優先に考えていることを伝えていただければ大丈夫ですよ、それが事実ですから。ご自由に書いていただいて構いません。

—一家をフォローしましょう @kordalenkaleb





インタビュー:Xerxes Cook

クリエイティブディレクション&キャスティング:M/M(パリ)

原案:Jonny Johansson

撮影:Inez & Vinoodh

スタイリング:Vanessa Reid

グルーミング:Michael Johnson

発行:
© 2017 Acne Studios

Acne Studios発行
Lilla Nygatan 23
111 28 Stockholm

Acnestudios.com